あいち医療通訳システム トップページ医療機関等外国人対応マニュアル トップページT診療対応マニュアル 1総論>12.多言語問診票・会話集・医療ガイドなどの情報

 総  論

12.多言語問診票・会話集・医療ガイドなどの情報 

 

(1)多言語に翻訳された医療問診票や会話集などの医療情報資料の例 

 

 医療機関が活用できそうな多言語に翻訳された医療問診票や会話集などの医療情報資料は、以下のとおりです。

 

 a. 多言語問診票

 これは、どの医療機関でも作成している問診票の翻訳版(日本語併記)と思ってください。

最もポピュラーなものは、()かながわ国際交流財団のHP(*)に掲載されている「多言語医療問診票」です。診療科別に18言語で翻訳され、無料でダウンロードできるためとても役に立ちます。

 たとえば、内科の例ですと、「どうしましたか」の欄に「□熱( )度 □頭痛 □喉が痛い□動悸…」をチェックする形になっています。この他、問診事項として「薬や食物等でアレルギーを生じたことがありますか」、「現在飲んでいる薬はありますか」、「過去にどのような病気をしましたか」、「その病気は治りましたか」、「手術を受けたことがありますか」、「輸血を受けたことがありますか」が外国語と日本語で掲載されています。

* http://www.kifjp.org/medical/

 

 b. 多言語診療会話集

 これは、問診票よりも内容が詳しく、臨床でよく交わされる会話を多言語に翻訳したもので、質問したいことがここに掲載されていれば、指さし会話集として活用できます。たとえば、神奈川県の「外国語医科歯科診療マニュアル」(神奈川県国際課、200110月)は、12診療科別に10言語で翻訳され、神奈川県国際課のHP(*)から無料でダウンロードできます。

 そのうち、産婦人科のページを紹介しますと、医師の質問例として「今日、相談したいことは何ですか?」に対して患者の答の例が「月経にかかわる異常についての相談・更年期についての相談・妊娠しているかどうか知りたい・性行為感染症について知りたい」ほか9つが日本語と外国語で掲載されています。

 この他、月経についての「初潮は何歳でしたか?」、「月経前の不調はありますか?」などの質問と答の例、産前・産後の場合の「何分ごとに痛みますか?」や「出血はありましたか?」、「傷が痛くないですか?」、「オッパイははっていますか?」など質問と答の例、授乳指導や保育指導、退院後の日常生活についての会話も掲載されています。

* http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f4248/p11909.html

 

(2)多言語医療情報資料の活用方法 

 

 これらの多言語医療情報資料は、医療通訳者がいない場合に活用するものですが、掲載されている典型例の中に外国人患者さんの症状や訴えに該当するものが無い場合や、治療方針の説明など会話が患者さんの個別具体のことに発展する場合には、活用が困難です。

 ただ、患者さんが多少日本語ができるケースでは、これらの多言語医療情報資料を「よすが」に診療科を選んだり、おおよその病気の絞り込みをしたりできる可能性があります。まったく「よすが」が無い場合よりも、診療は確実に前進しますし、リスクの低減にも寄与すると思われます。患者さんにとっても母国語の文字は、医師の会話のうち「確実に理解できる部分」をつくり出すわけですから、それだけ不安を軽減できると思います。

 そのほか、救急外来や緊急時など、医療通訳者を待っている時間的余裕がない場合や病棟などの看護ケアの場面での簡単なやりとりにも利便性が高いと思われます。

 

(3)多言語の母子保健ガイドの紹介 

 

 これは、日本語会話が困難な外国人妊産婦さん向けのものですが、産科の看護師や助産師、保健師の方々にとってもケアや指導の際に有用だと思われます。そこで、ここではその一例として「ママと赤ちゃんのサポートシリーズ〜日本でくらす外国人のみなさんへ〜」(五十嵐ゆかり監修)を紹介します。主な内容は以下のとおりですが、日本語併記の9言語で翻訳されており、多文化医療サービス研究会のHP(*)から無料でダウンロードできます。

* http://www.rasc.jp/index.php?itemid=8

 

[ママと赤ちゃんのサポートシリーズの概要]

  1.産婦人科で聞かれること 〜どんなことを聞かれるの?〜

    あなた自身のことQ&A、日本語レベル、あなたの状態Q&A、あなたの月経Q&A、

   あなたの妊娠についてQ&A、過去の病歴、輸血の経験

  2.病院に連絡をするとき

    病院に連絡したほうがよいときとは、持参するもの一例

  3.日本の出産について

    妊娠中の健康診査について、日本の分娩スタイル、里帰りの習慣、日本で出産したママ

   からのアドバイス

  4.日本の出産に関する文化

    腹帯、へその緒、お七夜、内祝、お宮参り、お食い初め、いろいろな国の文化の紹介

  5.妊娠高血圧症候群とは?

    体の中で何が起こるの?、なぜ怖い症状なの?、どうして症状がでるの?、元気な赤ち

   ゃんをうむために気をつけたいこと(体重、塩分、体を休めること)

  6.バースプラン

    出産のときの希望について、出産後の過ごし方について

  7.お産後の生活 〜おうちに帰ってからのこと〜

    ママのこころとからだ、家族計画について、ママと赤ちゃんのサポート

  8.授乳について

    母乳について、こんな時は電話で相談しましょう

  9.赤ちゃんについて

    生理的体重減少、黄疸、K2シロップ、ガスリー検査、出生届・出産育児一時金、健診、

   新生児訪問

  10.予防接種について

    日本の定期予防接種のスケジュールの一例

  11.よく使う出産に関することば